初心者でも安心♪懸賞の用語集

8

懸賞に応募してみたいけど、言葉の意味がわからなくて応募するのがちょっと不安・・・という方のために、「懸賞用語集」をつくってみました。

懸賞用語の解説

オープン懸賞

商品を購入しなくても誰でも応募できる懸賞のこと。

クローズド懸賞

特定の商品やサービスを購入した人だけが応募できる懸賞のこと。 オープン懸賞に比べてライバルが少ないため当選率が高いです。

商品モニター・モニタープレゼント

企業から送られてきた商品を実際に使用してみて、感想や意見などを報告したり、アンケートの回答などを行うこと。基本的には、そのまま商品をいただけるが、高級品の場合返却が必要なこともある。

全プレ

応募基準を満たしていれば、必ず全員にプレゼントをもらうことができる企画のこと。

消印有効

懸賞の締切日までにハガキが主催者側に到着していなくても、配達受付の消印が期日までにおされていれば有効となる。 消印は集配局の機械を通過した時刻になるが、急ぐ場合は窓口で消印を押してもらうことも可能。

必着

ハガキが指定期日までに、主催者側に到着していなければいけません。

Facebook・Twitter用語の解説

アカウント

Facebook、Twitterのサービスを利用するための権利。一人一人を認識するためのもの。 どちらのサービスも無料で利用できます。

フォロー

[Twitter] フォローという操作を行うことで、そのユーザーが自分の閲覧リストに登録され、フォローしたユーザーのツイートがあなたのホーム画面のタイムラインに表示されるようになります。Twitter懸賞では主催者アカウントの「フォロー」が応募条件となることが多いです。

ツイート

[Twitter] 文章を投稿・つぶやくこと。Twitter懸賞では、感想や思い出など、主催者が決めたお題に対して「ツイート」するといった形式が多いです。

リツイート

[Twitter] 他の人のツイートを引用して「もう1回つぶやく」こと。Twitter懸賞では、主催者のツイートを「リツイート」することが応募条件となることがあります。

いいね!

[Facebook] 「いいね!」と思ったものを評価して、それを友達に共有することです。 Facebook懸賞では、フェイスブックページや投稿への「いいね!」が必須となることが多いです。

この記事は コツぴよ が書きました。